資格・ライセンス講義

資格取得の成功パターン

資格の取得条件 B資格取得後のスケジュール
資格の取得条件 A資格取得の準備
資格の取得条件 @自分の学問とは?
望ましい資格の取得
資格・ライセンスを取得する上での利点・不利点
資格・ライセンスとは?

資格情報・受験体験・対策

アマチュア無線
工事担任者
調理師
TOEIC
実用英語検定
IELTS

資格取得の成功パターン


平成22年4月4日 日曜日

内容:資格の取得条件 B「資格取得後のスケジュール」
資格取得後のスケジュールに関しては、多くの人は受験前に既に決まって
いると思うのであえて書く必要はないと思われましたが、例えば、趣味に関す
る資格、アマチュア無線とかがありますね。ただ、なんとなく勉強してそれらを
取得してみたものの収入に成らなかった、というようなこともよく耳にします。
さらに、就職の面接の際、履歴書に書いて自己PRのつもりが、それがなんなのか
面接官に説明出来ずに終わったというようなこともよくあるようです。
当然、会社が必要とするのは利益ですから、利用できるものは何でも利用するのが
常識ですので、資格を持っていたが為に、リストラの材料にされるというようなケースも
あるので注意が必要です。ですので、何を目的で取得したかで次の目標を見つけ
やすいともいえます。アマチュア無線であれば、無線技術士、通信士など上級資格
取得への近道ともいえるでしょう。ここは、資格情報・受験体験・対策のアマチュア無線
のところを参考ください。で、職をなんらかの事情で失ったとしても、それらの資格
があれば、それらを必要とする仕事につきやすいと考えられます。あれば、それだけの
知識があると判断されるからです。
就職でも転職でも、めでたく、なんらかの職に就いたら、後はひたすら、その仕事の経験を
積むだけですが、もし、会社でなんらかの資格を必要とするのなら、自分で受験から取得まで
全てのことをしない方が無難でしょう。理由は、仕事は上から下へ流れてくるものですから、
資格取得の準備も同様といえるでしょう。職場によっては、それらの為に研修や
なんらかの勉強会など、時間とお金を使うので、やはり、指示を待つのがいいといえます。
会社組織ですので勝手に動くなというようなことになり兼ねないからです。
しかしながら、何か勉強して色々と知識を得て、何らかの資格を得るという行為は、
仕事だけで無く私生活へもいい変化をもたらすと私は思います。将来独立して何か
始める方も、ただ上から流れてくるもの見るということだけをするのでなく、自分で
何かするという行為は、プラスといえるでしょう。

<連絡事項>
講義の質問・感想は、
こちらで受付けています。

または、掲示板への書込みでお願いします。


平成21年3月15日 日曜日

内容:資格の取得条件 A「資格取得の準備」
さて、資格取得の準備ですが、まずは、その資格の調査ですね。
受験資格はあるのか?いつ、どこで受験するのか?受験料は?
どんな知識が必要なのか?どのような出題形式なのか?
自分の知識・経験は受験するのに十分か?
以上を理解した上で、受験団体に申込みすれば、後は、ひたすら合格に向って
勉強するだけです。
@自分の学問でも言いましたが、受験前に調査した条件があまりにも問題がある場合、
例えば、私の受験経験から言うと、語学系の資格を取得しようと受験概要を理解し、
その数ヶ月後に受験しました。結果は、あるレベルに到達した途端、そのレベルで不合格の連発。
もちろん、そのレベルに到達し合格するための勉強できる環境も無く、どんな参考書を
用意すればいいのかわからないといった状況でした。
これでは、まず知識・経験が足りないので、資格取得までの準備がたくさん必要になる
ことは間違いありませんでした。
しかし、なんらかの目的を持って受験したい気持ちがあれば、それほど、時間はかからない
はずです。そのような人は、よく自分の身の回りを見ると、それなりの環境が
整っていて、必要に応じて、外部から資格を取得する為の情報が入ってくるはずです。
会社や学校で開かれる資格の講習会などはいい例と言えるでしょうか?
もちろん、参加をすれば、それなりのお金が必要になったり、プレッシャーを持つことに
なるのですが。
次回は、資格の取得条件のBの「資格取得後のスケジュール」について説明します。

<連絡事項>
講義の質問・感想は、
こちらで受付けています。

または、掲示板への書込みでお願いします。


平成19年10月19日 金曜日

内容:資格の取得条件 @自分の学問とは?
資格の取得条件 @自分の学問とは、
「自分が何になりたいか?を決めている期間に外部から入っている情報」と
前回説明しました。
これは、学生に言えるものでないかと考えがちですが、別に社会に出てからもいっしょです。
私、校長もコンピュータ・エンジニアから調理師という職へと変貌を
とげましたが、誰にでも、「何になりたいか?」ということは何時でもついてまわるはずです。
また、突然のハプニング、イベントは、あるものです。自分の望むものとは社内外での別な配置換え、
別の課への転属、他会社への出向、派遣なども起こることでしょう。
学生の方なら志望校には行けたが、行きたかった学科では無かったことも耳にしたことがあります。
その学校や職場において、その授業なり研修なりをこなし、ある決まったパターンを繰り返し、
周りにいる人からの情報、新聞、テレビ、雑誌などマスメディアからの情報で、人は成長するものです。
その成長過程で、国や団体、機関が「社会で必要な(必要でないと思うものも)ある能力の定めたもの
を目に見えて聞こえる名前、名称」を資格と呼んでいるものだと私は思います。
(それは、違うと思われた方は、自分の考えを大事にして、ここでは、読み飛ばして頂いても構いません。)
ですから、自分の学問は、現在、自分の周りにある環境がそれといえるでしょう。友達、先生、知人、
マスメディアなど「自分がほしい情報」、「必要な情報」をもっている人や物から入ってきます。
それらの「情報」が多ければ多いほど、より資格取得の確立が高まるといってもおかしくありません。
もっというと、俗にいう天才じゃないかと思う人ほどその環境が整っている割合が多いようです。
また、ほとんど、勉強しない、ポイントを押さえた学習でも、資格取得が容易です。
当サイトの校長の学生時代は、工学関係の学問をしていたので、試験数週間前の期間を1日数時間の
学習をなんとく行っただけで、思ったよりも簡単に多くの工学系資格を取得できました。
逆に、情報量が少なかった、理解するには不十分だった分野の異なる語学系の資格は、
学生時代では、ほぼ全滅でしたね。
自分の好きな学問(学生時代の私なら電気に関する工学知識)に対する興味が、特定の資格取得を
短時間で効率的にしましまた。
講義に参加されている皆さんは、恐らく、仕事でも趣味でも何かしら興味を持っているとは思いますが、
自分の仕事は単調でつまらない、と思われても嘆くことはありません。
私もここ数年、別の職に就き、何か足りない、以前の職と比べると収入面や将来のことを、
考えてしまうことがあります。
それでも趣味やなんとなくやっていた語学に興味を持っていたせいか、短期間で何十年も
挑戦していた資格をほぼパーフェクトに近い得点で合格しました。
人には簡単に思えることが難しいと思うこともそれを「自分の学問」の1つにできると単調だった仕事や
何にでも面白さがでてくるはずです。
逆に言うと、「自分の学問」ができる環境にもって行くまでに時間がかかり過ぎたといってもおかしく
ありません。
ですから、資格取得を途中であきらめてしまった読者方もなぜ、合格できないのか。
なかなか取得までにお金、手間と時間がかかるのか、と考えるのでなく、
まずは、資格取得の効率化するための情報を整えていきましょう。
以上、長くなりましたが、「自分の学問」についての説明は終わります。

次回は、その情報を整えるための方法でもある資格の取得条件のAの「資格取得の準備」について説明します。

<連絡事項>
講義の質問・感想は、
こちらで受付けています。

または、掲示板への書込みでお願いします。


平成19年10月12日 金曜日

内容:望ましい資格の取得
望ましい資格の取得条件として、

1)自分の学んでいる学問。
2)資格取得の準備。
3)資格取得後のスケジュール。

があり、

1)は、自分が何になりたいか?を決めている期間に外部から入っている情報。
2)は、いつ、どこで、だれと、どのように、なぜ、どうした、5W1H。
3)は、2)とほぼ同様ですが、目的、目標、夢など。

それぞれ、校長が受験経験した中での重要なことを簡単にまとめてみました。

次回は、1の「自分の学問とは」について説明します。

<連絡事項>
講義の質問・感想は、
こちらで受付けています。

または、掲示板への書込みでお願いします。


平成12年12月12日 火曜日
内容:資格・ライセンスを取得する上での利点・不利点

資格・ライセンスを取得する利点は次の点があります。

1)仕事の幅が広がる。
2)仕事での地位・ポジションの向上。
3)給料のUP。

では逆に考えるとどのような不利点があるでしょう?

1)高度な作業要求。
2)作業の責任要求。
3)給料のマイナス。

「望ましい資格の取得」について次回講義します。

<連絡事項>
● 私が取得した主な資格の実物画像を公開しました。
今後、皆さんが資格試験に合格すると国家試験なら国から民間試験なら
その団体から送られてきますので、
これから,どんとん資格取得にチャレンジして見てください。


平成12年11月14日 火曜日
内容:資格・ライセンスとは?

<講義>
定義は以下の通り、

資格・・・辞書によると一定のことを行うために必要とされる条件や能力こと。
例えばアマチュア無線技師、工事担任者など

ライセンス・・・免許。また、それを証明する文書のこと
例えば車の運転免許証、バイク免許証など

予告「誰でも挑戦し比較的取得可能な資格」

<連絡事項>
● 今月末までに教材を配布準備する予定。


資格情報・受験体験・対策

資格情報です。私が受験した体験とその対策法、それから、受験前後の過程についても
書いておきました。これから受験される方は、これらを参考にされ、受験に役立てて下さい。
重要なところは、文字が太く書いてあるので、時間が無い方は、そこをお読みになるといいと思います。


アマチュア無線技士
平成19年10月30日 火曜日

私が高校時代にその高校に入学してすぐに受験し合格した初の国家資格でした。
この資格の受験級の種類は、1級から4級まであり、上級資格になるほど、
より遠くまでの人と無線設備を使って通信・通話ができるといった特典があります。
(正確には、出力電力の最大値と使える周波数帯、通信距離は設備、気候や場所の条件
によって変化します。)
特に受験資格も、実務経験も必要としないので、誰にでも取得するチャンスはあります。
その頃の最少年齢合格者は小学2年生の子供が受験し合格したそうです。
今は記録が更新されたかは不明です。

アマチュア無線技士とは、趣味として無線設備を使って通信できる資格です。
勉強された方は知っていると思いますが、アマチュア無線をやっている人のことをよく
「ハム」と呼ばれています。
で、肝心な通信内容は、音声通話による世間話やパソコン通信(インターネットでできることの多く)
などです。後、「トン、ツー」と2種類の音で会話するモールス信号を使った通信です。
他にできることといえば、無線設備を自作して、国から認定受ければ、それを使うことができます。
簡単にいうとパソコンを自作してプロバイダの手続きをしてインターネットするといったところでしょうか?
インターネットを使っている人なら、もう、パソコンでチャットを使って世界中の人と会話や通信が
できるからいいよ。と思われ、免許を取得し、運用されない方は、まさに趣味に無駄な高価な設備と無駄な
学習時間のオンパレードに成りかねない無利益な資格といっていいでしょう。
取得された方の中には、みんなが取得している資格だから、という人もいましたが、それは、それで
考え方は人それぞれなので、取得された方は、アピールの1つとして履歴書にでも書いて置くといいで
しょう。
(ただ、無線運用のことに関しての話しになった場合は、マイナスになるかもしれません。)

さて、無利益・無報酬なこの資格。手軽にとれやすいというイメージがありますが、
どのようなメリットがあるかというと、がんばって1級まで取得し、継続的な無線運用を行うと、
それなりの知識と経験がつきますね。
経験?と思われた方は、いい所に気が付いたと思います。
プロの無線通信士、技術士は、船舶、航空、警察、テレビ局、ラジオ局といった場所で必ず
必要になってきます。アマチュアからプロへの転向はスポーツに限らず、無線に関しても言えると
いってもおかしくありません。
つまり、将来、その方向に職をお考えの方は、これらの知識や経験が100%活かせると資格だと
思います。
さらにいうと無線通信士、技術士の合格率を上げる手助けになるだけでなく、他の通信資格への
知識移行も可能です。
(これは講義の資格取得成功パターンでも取り上げましたのでご参照ください。)
以外に取得が簡単で1つの資格で趣味として長期に渡って運用、上級資格目指して勉強を継続すれば、
おまけの他の多くの資格で必要な知識と経験が付いてお得なのは、この資格だけかもしれません。
運用中にコンテストなどのイベントがあるので、運用技術がどれくらいの実力なのか定期的に測ること
もできますし、また、アンテナ、テレビやラジオなどの受信設備についても詳しくなれるので、
多少の修理、調整もできるようになるかもしれません。
(これをやって、修理をメーカーに依頼すると保証が無効になる恐れがありますので保証書の
記載されている範囲内で修理、調整することをお薦めします。私は責任負えませんので、ご注意を。)

もちろん、上級資格をもつ必要性のある重要な場所でのプロの無線通信士、技術士なら、
収入も低いはずは無いでしょう。
収入に関しては、私もよくわからないので自分で調べて見てください。

<つづく>

予告。受験前にやったこと。
アマチュア無線試験の詳細は、リンクの資格実地団体、協会、機関のサイトを参考下さい。


工事担任者

当サイトでは、現在、準備中です。

工事担任者の詳細は、リンクの資格実地団体、協会、機関のサイトを参考下さい。


調理師
平成19年10月23日 火曜日

今年6月、受験し合格した国家資格です。
自分の取得した資格の中で受験するのに唯一、実務経験を必要とされたものです。

受験以外にも、取得する方法はあります。
その点に関しては、その方法で取得された方のサイトをご覧になるといいと思います。
よくは、わからないのですが、専門的な教育機関での教育を受けた人なら無受験で
受験に必要な実務経験よりも短い時間で取得できるとのことです。

さて、調理師はどういった資格というと、調理に関する知識があるといったことでしょうか?
特に、今のところ、私の周りでは、何かできるといったことは、無いようです。
また、調理師にならなくても、場所を選ばなければ、調理業務に就けるので、慌ててとる必要も無いです。

収入に関しては、場所によっては、調理師資格を持っているだけで給与がいいとのことですが、
どの位、手当てが付くのか、見当がつきません。
求人広告などを見ると調理師、補助募集などを見ますが、その差は時間給辺り、数十円から数百円と
いった所ですね。

所で私が受験する前にやったことと言えば、書店で問題集と参考書を数冊購入し、一日辺り1,2時間程度の
時間を使って、ひたすら受験日まで読んでました。
受験場所は、都道府県ごとに問題と受験日が異なりますので、受験する方は、特にその点を注意する必要が
あります。詳細は、東京都内で受験の方は、
こちら でご確認下さい。他の県に関しては、近所の保健所に
問合せると教えてくれるはずです。

受験申請は、聞きたいことがあったので、わざわざ、都内の保健所に受験願書をとりに行きましたね。
受験する際に必要な書類作成が非常に手間がかかったのも覚えています。
まずは、卒業証明書。卒業した学校に電話で連絡、何に使うのか問われたが、数百円で3、4日で
発行し、郵送してくれました。
次に、調理業務従事証明書一式。私の場合は、調理経験が2つの場所にまたがっていましたので、
2社の証明書が必要でした。もし、10社だったら、10枚必要なので、ありえないとは思いますが
受験しようと思う方は、郵送代も少し高くなるので、1社で証明書を作った方が手間が減ります。
後は、受験願書一式。定められた受験料を定められた場所で支払います。その領収書と、写真を願書
に添付し、願書案内に書かれた通りの内容で個人情報を記入して、郵便局で配達記録が残るように郵送。
他の試験と比べると、少々、手順が多いので苦労しました。

<つづく>

予告。受験日。


実用英語検定
平成21年3月10日 火曜日

当サイトでは、現在、準備中です。

実用英語検定の詳細は、リンクの資格実地団体、協会、機関のサイトを参考下さい。


TOEIC
平成21年3月10日 火曜日

当サイトでは、現在、準備中です。

TOEICの詳細は、リンクの資格実地団体、協会、機関のサイトを参考下さい。


IELTS
平成22年3月8日 月曜日

当サイトでは、現在、準備中です。

IELTSの詳細は、リンクの資格実地団体、協会、機関のサイトを参考下さい。


連絡先:
ホームページの内容に関する感想・質問・意見など問合せは以下の受付フォーム及びメールでお願いします。

メール

で、随時、受付けます。


ホームに「戻る」